はげないためにはげ・薄毛改善にクリニックでAGA治療

AGAって何だろう

AGAとは男性型の薄毛の事を言います。
その原因となっているのが男性ホルモンです。
男性ホルモン自体は男性の体を男らしくする為にも必要なものとなっていますが、還元酵素と結び着く事によって毛周期を乱してしまう物質を作り出してしまいます。
それによって本来成長する所まで髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまうのがAGAの仕組みです。

 

ただ、AGAの場合、頭髪全体が抜け落ちてしまうという事は有りません。
最初に症状が出てくるのは頭頂部や額です。
どちらかだけが薄くなる事も有りますが、両方が薄くなって行き、結果的に頭の上部が薄い状態になってしまいます。
ただ側頭部や後頭部は男性ホルモンの影響を受けにくい部位となっているので、頭頂部が薄くなってしまったとしてもこの部分の髪の毛は残っている傾向となっています。

 

AGAの原因はストレスや加齢、ホルモンのバランス等で、それを改善する方法の一つが治療薬の利用です。
専用の薬を服用する事によって男性ホルモンによって乱されてしまった毛周期を正常な状態に戻す効果を期待して利用します。
ただ薬を服用したらすぐに髪の毛が生えてくるのではなく、3か月から半年程度服用する事によって頭髪が徐々に増えて行く仕組みとなっています。

AGAの治療に使われる薬

AGAの治療は、医師による問診から抜け毛や薄毛の原因を探り、それに合わせた治療を行います。生活習慣の改善などの指導もありますが、メインとなるのが薬の処方です。現在よく使われているのが、2種類の薬です。
プロペシアは飲む治療薬と言われていて、男性ホルモンが薄毛に作用する際の酵素を阻害する働きがあります。抜け毛の量を抑えることがもちろん、髪の毛が太く長く成長するようにする作用もあり、AGAには欠かせない存在です。これを服用することにより、抜け毛の進行を食い止め、状況を改善することができます。あくまで抜け毛を抑えるための薬なので、発毛までの効果はありません。
ミノキシジルは、塗る薬と飲む薬が存在していて、体の中と外からのアプローチが可能です。毛細血管を拡張させる作用があり、毛母細胞を活性化することができるので、発毛にも効果があります。プロペシアで抜け毛を防ぎ、ミノキシジルで発毛を促進することで、AGAの症状を大きく改善することができます。しかし、飲んだからと言ってすぐに効果が出るわけではないので、半年から1年は飲み続けて経過を観察するようにしましょう。すぐに効果が出ないことに焦る必要はありません。